シロクマ市交通局

謎の地方都市「シロクマ市」が経営する「シロクマ市交通局」。
シロクマ市が所有する鉄道車両(鉄道模型)やバス車両(バスコレクション)、その他交通各社のグッズであったり、各種話題などを広報してゆくブログ。

「新・情報7daysニュースキャスター天気予報定点観察」
「テレビ(特にテレビ埼玉)」「ラジオ」「芸能」「生島ヒロシ」「タモリ」辺りのネタ
「新・しろくまワイド」 http://shirokuma-polarbear.blog.jp/

謎の街シロクマ市の近くにある埼玉県桶川・上尾・伊奈その他周辺のつれづれ
「シロクマ市 広報課」 http://shirokuma-city.blog.jp/

注目のトレンドアイテムを気ままにお届け!
SHIROKUMA HAPPY STYLE http://shirokuma-hapista.blog.jp/

沼津

【バスコレ】記事再作成~東海バス ラブライブ!サンシャイン!!ラッピングバス2種

今回の車両はこちら。

20200827_東海バスラブライブラッピング2

TOMYTEC バスコレクション
東海バスオレンジシャトル ラブライブ!サンシャイン!!ラッピングバス2号車

20200827_東海バスラブライブラッピング1

TOMYTEC バスコレクション
東海バスオレンジシャトル ラブライブ!サンシャイン!!ラッピングバス3号車




 

 この2種類のラッピングバスも前の記事の伊豆箱根バス同様、実車・実際の路線に乗車しない状態で記事にしていましたが、どうにもあっさりと書いてしまったので、乗車後の今、再度記事に。

静岡県沼津市の内浦地区を中心にストーリーが展開されるアニメ「ラブライブ!サンシャイン!!」のラッピングがされた東海バスの車両。
舞台となる沼津・内浦地区を走る路線を中心に運行されているようです。

ラッピング開始当時・バスコレ発売当時はこの路線は
「東海バスオレンジシャトル」
と言う会社が運行していましたが、その後東海バスグループの組織改編が行われ「東海バスオレンジシャトル」の名前はなくなり「東海バス」に。
車体の「東海バスオレンジシャトル」の表記も直されたようです。

20201022_東海バス1

こちら2号車。
テレビ放送第2期放映を記念してのラッピングデザイン。

20201022_東海バス2

20201015_東海バス2

20200826_東海バス

東海バスでもラッピング車は車内も同様にAqours一色に。

20201015_東海バス1

20200826_東海バス1-4

座席の仕切り板も。

20200826_東海バス1-2

20200826_東海バス1-3

ドアも、壁面広告も。

20200826_東海バス1-1

降車ボタンの案内も。
この黒マジックで書かれているっぽい「ずら!」は…誰か書き足した?高槻かなこさん!?
保護フィルムより内側に書いてあるようなので、利用客のイタズラではなさそうですね。

20201022_東海バス3

このバスコレでは行先表示は
「N22 富士山ビューライン 三津・長井崎 江梨」
となっています。
N21-25系統は、ラブライブ!サンシャイン!!の舞台となる内浦地区を走る路線。
沼津駅を出発すると、駿河湾沿いを南に走ってゆくような感じでしょうか。
沿線には沼津の御用邸や沼津アルプス、あわしまマリンパーク、伊豆・三津シーパラダイスなども。
ラブライブ!サンシャイン!!の主人公、高海千歌の実家となっている安田屋旅館の前も通過します。
長井崎…ストーリーの舞台「浦の星女学院」のモデルとなった市立長井崎中学校最寄りのバス停ですね。

ラッピング車では、東海バスでもラブライブ!サンシャイン!!から生まれたアイドルグループAqoursのメンバーが車内放送を担当します。
沼津駅出発時と、内浦地区に入ってからの放送を担当。
Aqours内のユニットメンバー3人が担当するということですが、いつ、どのメンバーが車内放送を担当するのかは…不明(決まっていてどこかで告知されているのかも知れませんが…)

自分が乗車した2回では
CYaRoN!(高海千歌・渡辺曜・黒澤ルビィ)
AZALEA(松浦果南・黒澤ダイヤ・国木田花丸)
のバージョンを聞きました。

AZALEAバージョンはきちんとキャラクターの声で案内しているながら、車内放送らしいパキッとした締まった感じのアナウンス。

CYaRoN!バージョンは、何とも甘ったるい感じ(笑)のよくキャラクターが現れた放送。
特に「オキシーテック前」停留所のアナウンス。
「次は、オキシーテック前、オキシーテック前でございます!」は聞きドコロ。

20201022_東海バス5

20201022_東海バス4

ここからは3号車。
あわしまマリンパークで開催された謎解きイベントを記念してのラッピングデザイン。
なので描かれているキャラクター達も謎解きということで探偵風な衣装。

20201022_東海バス7

20201022_東海バス6

20201022_東海バス9

20201022_東海バス10

20201022_東海バス8

こちらの車両の行先表示は
「N24 富士山ビューライン マリンパーク・三津 木負」
「木負」と書いて「きしょう」。実際は「木負農協」と言うバス停が終点に。
行先表示が正確なバス停名ではなく、地域名で表示…みたいなバスあるある的表示でしょうか。

この車両には乗る機会は無かったのですが…

20200826_東海バス2

ただ、三津浜海水浴場でこの車両を目撃!
と言う事で、この一枚。

高海千歌の家の前を通る瞬間を撮影。
手すりが入っちゃうのは、どうしようも無いんですよね…

と言う事で、せっかく買った2車種。
実車に乗る機会があったり、乗れなくても実車を見てきて、実際に路線に乗ると色々書きたくなるもの…と言う事で、今日の車両。

TOMYTEC バスコレクション
東海バスオレンジシャトル ラブライブ!サンシャイン!!ラッピングバス2号車
東海バスオレンジシャトル ラブライブ!サンシャイン!!ラッピングバス3号車
でした。


もう一言…
沼津市内で展開されているラブライブ!サンシャイン!!関連の「沼津まちあるきスタンプ」。
ラブライブ!サンシャイン!!のキャラクターがデザインされたスタンプを押して楽しめる&スタンプと同じデザインの缶バッチが発売されていますが…
東海バス(東海バスオレンジシャトル当時)のものがあります。

20201015_沼津駅前バス

沼津駅前の東海バスの案内所にて。
同じビル内に富士急シティバスの案内所もありますので、両方欲張れますよ。

【バスコレ】記事再作成~伊豆箱根バス ラブライブ!サンシャイン!!ラッピングバス3号車

今日の車両はこちら。

20201022_伊豆箱根みら僕1

TOMYTECバスコレクション
伊豆箱根バス ラブライブ!サンシャイン!!ラッピングバス3号車
いすゞエルガミオ


この車両、過去にも記事にしているのですが…


 前回の記事は単に車両を購入して、その感想を淡々とレビューしているだけで何ともあっさりな…
でしたが、「ラブライブ!サンシャイン!!」を見て、沼津の街巡りもして、実車にも乗車した今見ると何とも色々書き足りない記事だったな…と言う事で、記事の追記と言うか何と言うか。

と言う事で、伊豆箱根バスの「ラブライブ!サンシャイン!!ラッピング3号車」。
3号車と言うからには他にもラッピング車がある…と言う事で、バスコレにはなっていないようですが他のラッピング車も。

20200626_伊豆箱根バス

20201015_伊豆箱根バス6

アニメ「ラブライブ!サンシャイン!!」から生まれたアイドルグループ「Aqours(アクア)」の楽曲をモチーフにしたラッピングデザインを施しているのが伊豆箱根バスのラッピング車。
車内放送もAqoursのメンバーの声で放送されています。
上の写真は、沿線の「伊豆・三津シーパラダイス」が楽曲PVで登場するAqoursの「恋になりたいAQUARIUM」デザインのラッピング車。
ただしバスコレの発売はなし。

で、今回の車両は同じくAqoursの楽曲「未来の僕らは知ってるよ」(略して「みら僕」)をモチーフにしたデザイン。
各メンバーがみら僕歌唱時の黒ベースのステージ、青or白ベースの衣装でラッピングのデザインをされています。


20201022_伊豆箱根みら僕5

上のYoutube動画「未来の僕らは知ってるよ」のイメージが施されたラッピング。
実車を伊豆長岡駅で発車待ちしているところを撮影しました。

20201015_伊豆箱根バスラッピング

20201022_伊豆箱根みら僕4

20201015_伊豆箱根バス3

模型では車内までは何もしてありませんが、実車は車内もラッピングに準じた掲示などをされています。

20201015_伊豆箱根バス2

壁面広告はAqours一色、料金箱や整理券発行機などにもラッピングが。
降車ボタンの案内にもAqoursが登場します。
こちらはAqoursメンバーの松浦果南がボタンを案内。

20201015_伊豆箱根バス1

このバスコレ車両は、行先表示は「長11 伊豆長岡駅」に。

20201022_伊豆箱根みら僕3

「長11」は伊豆長岡駅-伊豆・三津シーパラダイスを結ぶ路線。
「ラブライブ!サンシャイン!!」の舞台となり、伊豆・三津シーパラダイスのある沼津市の内浦地区を走る路線ということになります。
伊豆長岡駅を出発すると、途中伊豆の伊豆長岡の温泉街や伊豆の国市役所などを通り、内浦地区に抜ける山を越える坂道、狭いトンネルを抜けて内浦の海が見えてくると終点も間近。
終点は伊豆・三津シーパラダイスの真正面に到着。

途中には「小学校前」「分譲地」などバス停あるある的な名称の停留所もあったり(笑)

伊豆長岡駅から出る路線では伊豆・三津シーパラダイス方面の他に沼津駅へ向かう路線もあり、沼津駅周辺も「ラブライブ!サンシャイン!!」の舞台として登場するエリアなので、こちらでもラッピング車は思わず目が行く存在になりますね。

20201022_伊豆箱根みら僕2




20201022_伊豆箱根みら僕6

実車に乗車して路線を味わってみると、やはり記事の中身もちょっと変わってくるもんだな…と。

今回は記事の再作成。
TOMYTECバスコレクション 
伊豆箱根バス ラブライブ!サンシャイン!!ラッピングバス3号車
でした。

【バスコレ】東海バスオレンジシャトル ラブライブ!サンシャイン!!ラッピングバス3号車

今日の車両はこちら。

20190922_ラブライブTB9

TOMYTEC バスコレクション
東海バスオレンジシャトル ラブライブ!サンシャイン!!ラッピングバス3号車



20190922_ラブライブTB1

TOMYTECバスコレクションの「ラブライブ!サンシャイン!!」ラッピングの新しいバージョンが登場しました。
今度の車両は東海バスオレンジシャトルの3号車。

20190922_ラブライブTB2

「あわしまマリンパーク」でのリアル脱出ゲーム開催記念のラッピング。
パッケージにはSUNRISEの許諾シールが右上に光ります(笑)

20190922_ラブライブTB3

パッケージ正面。車両を外すとこのようなデザインになっています。、

早速車両を見てゆきましょう。
まずは公式面。

20190922_ラブライブTB4

謎解き・脱出ゲームと言う事で「?」マークが大胆に配されたデザイン。
路線型バスのラッピングのデザインでは、いつも小原鞠莉さんが後部扉に配されるようですが…
この配置だと、ドアが開くとダンディ坂野「フェードアウト」の如く車体から消えてゆく…
と、いつも心配してしまうのですが、東海バスとか後部扉は基本使わないんですよね。
そんな取り越し苦労。

20190922_ラブライブTB5

ラッピングバスでは毎度毎度の評ではありますが、Nスケールでのラッピング再現としてはかなりよく出来ているのではないでしょうか。
どうしても印刷の粒状感が否めない部分はありますが、Nスケールですからして致し方なしかと。

20190922_ラブライブTB7

20190922_ラブライブTB6

写真の拡大を大きくすると、さすがにどうにもなりませんが…
遠目に見てもドコに誰が配されているかはちゃんと分かるぐらいの印刷ができているので、上出来なんじゃないかと。
後部のガラス面までガッチリとデザインが配されているんですね。

20190922_ラブライブTB8

20190922_ラブライブTB10

前に発売された富士急バスの高速バス仕様のラッピング車とともに。
車両の大きさの違いが見て取れます。

20190922_ラブライブTB11

過去のラブライブ!サンシャイン!!ラッピングバスを並べて…
すべてが揃っているわけではありませんが。

今回の車両。
TOMYTEC バスコレクション
東海バスオレンジシャトル ラブライブ!サンシャイン!!ラッピングバス3号車
でした。



【バスコレ】富士急シティバス ラブライブ!サンシャイン!!ラッピングバス/いすゞガーラ

本日の車両はこちら。

20190823_ラブライブSS10

TOMYTEC バスコレクション
富士急シティバス ラブライブ!サンシャイン!!ラッピングバス/いすゞガーラ




静岡県沼津市を舞台にした大人気アニメ、「ラブライブ!サンシャイン!!」。
沼津周辺の各交通機関でラッピング車両を仕立てて、ラブライブの盛り上がりを更に加勢しているなかで、今回バスコレで発売されたのは「富士急シティバス」の車両。

まずはパッケージから。
パッケージから車両を取り出すと、こんな感じに。

20190823_ラブライブSS2

20190823_ラブライブSS1

続いて車両。

20190823_ラブライブSS9

20190823_ラブライブSS8

20190823_ラブライブSS7

20190823_ラブライブSS6

今回もNサイズ故…の部分はありますが、それでも大分キレイに印刷されているのではないかと。
アニメの世界が車両全体にデザインされていますが、実車を見かけても富士急っぽい部分がなかなか分からなくて、バスに乗る時には「乗るべき富士急のバスが見付からん!」とちょっと焦るかも!?(笑)

20190823_ラブライブSS5

20190823_ラブライブSS4

20190823_ラブライブSS3

過去に発売された「伊豆箱根バス」「東海バスオレンジシャトル」の車両と並べて。



印刷の粒状感は、Nサイズではやむを得ないところですね。
このサイズではかなりよく出来ているのではないかと。印刷技術は進んでいるものです。

今日の車両。
TOMYTEC バスコレクション
富士急シティバス ラブライブ!サンシャイン!!ラッピングバス/いすゞガーラ
でした。

【バスコレ】東海バスオレンジシャトル ラブライブ!サンシャイン!!ラッピングバス2号車

今日の車両はこちら。

20190131_ラブライブ6

TOMYTEC バスコレクション
東海バスオレンジシャトル ラブライブ!サンシャイン!!ラッピングバス2号車



静岡県沼津市を舞台にしたアニメ「ラブライブ!サンシャイン!!」のラッピングバス。
舞台の沼津を走る東海バスの車両の模型化。

20190131_ラブライブ3

パッケージ裏面。
車両の説明が記されています。

20190131_ラブライブ4

20190131_ラブライブ5

20190131_ラブライブ2

20190131_ラブライブ1

さすがにNスケールでラッピングバスを再現すると、特にアップで撮影などするとアニメイラストやロゴなどが潰れてしまう部分もありますが、かなり精細な再現がされています。
Nスケールでここまで作ることができる…
しかも大量生産でここまでキレイに作ることができる…

この技術、未来ずら~!

思わず声を上げてしまう出来上がり。

この仕上がりで満足できないのであれば、1/80スケールの大きい方の「バスコレ80」を。



今日の車両は

TOMYTEC バスコレクション
東海バスオレンジシャトル ラブライブ!サンシャイン!!ラッピングバス2号車

でした!
記事検索
読者登録
LINE読者登録QRコード
メッセージ

名前
本文
記事検索
Twitter
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村 鉄道ブログ 関東の鉄道へ
にほんブログ村 鉄道ブログへ
ギャラリー
  • 【バスコレ】東海バス&伊豆箱根バス ラブライブ!サンシャイン!!ラッピングバス
  • 【バスコレ】東海バス&伊豆箱根バス ラブライブ!サンシャイン!!ラッピングバス
  • 【バスコレ】東海バス&伊豆箱根バス ラブライブ!サンシャイン!!ラッピングバス
  • 【バスコレ】東海バス&伊豆箱根バス ラブライブ!サンシャイン!!ラッピングバス
  • 【バスコレ】東海バス&伊豆箱根バス ラブライブ!サンシャイン!!ラッピングバス
  • 【バスコレ】東海バス&伊豆箱根バス ラブライブ!サンシャイン!!ラッピングバス
  • 【バスコレ】東海バス&伊豆箱根バス ラブライブ!サンシャイン!!ラッピングバス
  • 【バスコレ】東海バス&伊豆箱根バス ラブライブ!サンシャイン!!ラッピングバス
  • 【バスコレ】東海バス&伊豆箱根バス ラブライブ!サンシャイン!!ラッピングバス
楽天市場